このページの位置情報

電話マナー

電話をかける前の準備

採用担当者が電話で聞いてきそうな、今現在の職業(例:学生)、年齢、住所、いつでも出られる連絡先、志望動機、アルバイトの業種、希望勤務時間帯、希望雇用形態(アルバイト・社員等)などは、 何を聞かれてもいいようにあらかじめ答えられる準備をしておきましょう。

電話をかける時間帯

会社やお店が一般的に忙しいとされる午前9:00~10:00、午後5:00~6:00の間はなるべく控えるようにしたほうがいいでしょう。午前10:00~11:30、午後2:00~5:00の間であれば、多くの会社やお店は落ち着いているので、担当者も電話に出やすいと言えるでしょう。

電話をかける場所

電話をかける際は、屋内もしくは自宅の、電波が良好な場所でかけましょう。地下や電波の不安定な場所で電話をかけると、途中で通話がとぎれてしまう恐れがあります。また、静かな場所を選ぶことも大切です。周囲に工事現場があったり、国道の近くだったりすると、雑音でお互いの声が聞き取りづらくなってしまいます。

電話をかける際の注意

まず電話をかける前にメモ用紙とペンの2つは必ず用意しておきましょう!面接の日時や場所、担当者の名前を忘れるなんてことがあっては絶対にダメです!また、自分の連絡先を聞かれることもあるので、携帯の番号も用意しておきましょう。

電話がつながったら

電話がつながったら、まず「ラピジョブのアルバイト求人情報を見てお電話させていただいたのですが」と、自分が電話をかけた理由を相手に説明しましょう。次に、人事の関係者に取り次いでもらうために「採用の担当の方に変わっていただけますでしょうか?」と聞きましょう。

担当者(人事)が電話に出たら

採用の担当者が電話に出たら「ラピジョブに載っていたアルバイトの求人情報を見てお電話させていただいたのですが」ともう一度確認をとりましょう。面接の場所・日時・連絡先は必ずメモをとり、とったメモはなくさないようにしましょう。万が一なくしてしまった場合やわからなくなってしまった場合は、いちはやく担当者に連絡を取ってその旨を伝えましょう。