このページの位置情報

面接の基本講座

身だしなみのチェック!

1.寝癖はない?

寝癖が残っているとしたらだらしない印象に。お出かけ前に要チェック!

2.ヒゲの剃り忘れは?

寝癖同様、無精ヒゲもだらしない印象になります。手入れしたヒゲはOKですが、応募先によってはヒゲNGとなっている求人もあります。
応募の段階で確認しておきましょう!

3.服装に清潔感ある?

基本的に普通着で大丈夫ですが、ポイントは清潔感。
流行のファッションであっても、不潔な印象を面接官に与えないようにしましょう!

4.メイクは濃すぎない?

濃すぎるメイクは面接官に爽やかな印象を与えません。
マニキュアもあまり派手な色使いにはしないで。付け爪も外しておきましょう。

5.香水は強すぎない?

メイク同様、強すぎる香水も相手にいい印象を与えません。香水の使用は控えめにしておきましょう。

6.アクセサリーが派手すぎない?

アクセサリーが似合っていても、一部の業界を除けば、派手な装飾品はマイナスポイントです。
基本的に時計以外は外しておきましょう!

7.ヘアカラーは?

長髪やヘアカラーが不可の求人もございます。
カラーリングしている場合でも応募の時点で確認しておきましょう!
また、長髪やヘアカラーがOKな場合でも奇抜な髪型や色は面接の際にはマイナスポイントとなりますので気をつけておきましょう!

面接の際にやってはいけないこと!

1.面接の時間に遅刻してしまった。

遅刻は面接の際にやってはいけない一番のポイントです。約束の時間の10分前には、到着して余裕をもった気持ちで面接に臨めるようにしましょう!
電車にて遅れるなどやむを得ない場合もございますが。そういう場合は出来るだけわかった時点で早く。遅れる事情を面接担当者に伝えるようにしましょう!

2.面接までに一度も挨拶ができなかった・・・。

面接場所である会社や店舗には、面接担当者以外にも社員やアルバイトの人たちがたくさんいます。
採用されればお世話になる方々なので、しっかりと元気よく挨拶をしましょう!
バイトスタート後の人間関係もスムーズになりますよ。

3.目の前に灰皿が・・・。ついいつもの癖で一服してしまいました・・・。

面接する部屋や控え室に灰皿があったとしても、堂々と一服していい印象を与えることはできないですよね?
ついつい、いつもの癖で一服してしまわないように注意しましょう!

4.面接中に携帯が鳴り出しました!

これは結構ありがちなミス。マナモードに設定するか電源オフにしておきましょう!

5.面接の途中で足を組んでしまった!!

面接が長時間になると慣れない姿勢に疲れを感じる事も・・・。
でもだからと言って担当者の前で足や手を組んでしまうのは印象が悪いのでやめておきましょう。
しっかりと正しい姿勢をとっていられるか、実はチェックしている面接官もいるようですよ。

覚えておきたい!面接の心得

1.面接担当者を前にしたら?

部屋に入る時は「失礼します!」、面接官を前にしたら「宜しくお願いします!」と元気よく挨拶をする事が基本です。
面接などに不慣れな学生でも、この2つの挨拶程度は元気よく出来ていないと印象は悪くなってしまいます。
椅子を勧められたら、深めに椅子に座り、あごを引いて背筋を伸ばしましょう!
両手は軽く握って足にのせ気持ちはリラックスするように心がけましょう!
発言する際は、必ず相手の目を見て話すようにし、しっかりとした受け答えを心がけましょう!

2.質問の答えに困ったら?

出勤可能な曜日、時間、希望する時給など、想定される質問にはしっかりと答えられるようにしておきましょう!
予想外の質問が出て迷う事があるかもしれませんが、黙ってしまうと印象は悪くなってしまいます。
面接は自分の意見をアピールする場でもありますので積極的に発言するように心がけましょう!

3.面接が終わったら

面接が終わったら、時間を作って頂いたことに感謝の意味を込め、「ありがとうございました!!宜しくお願い致します!」と一礼して
席を立ちましょう!最後に部屋を出る前に、担当者に向かってもう一度、丁寧に一礼をする事も大事です。
面接のテクニックを覚えるのではなく、応募先の関係者に気持ちを持てば、自然と御礼の言葉は出てくるものです。